乾燥した手肌に使うオイルは順番を間違えると効果が半減

 

スキンケアアイテムというと、主に、化粧水・美容液・乳液・クリームでお手入れしていると思いますが、

ここ近年は、これらのアイテムの中に、美容オイルが入ってきてますね。

エイジングケアにも効果があると言われていて、日々のスキンケアに取り入れたり、髪の毛、ボディなどにも使われていますね。

芸能人や海外セレブも取り入れているオイル美容も話題です。

綺麗な人はみんなオイル使ってるんだ〜、なんとなくだけど、良さそうな気がする〜(笑)

でも、オイルってスキンケアの、どのタイミングで使うの?

オイル=乾燥しない、みたいなイメージがあるけど、本当はどうなの?

今回は、乾燥肌に使う美容オイルについてお話していきたいと思います。

オイルだけだと乾燥肌は治らない!

オイルだけだと乾燥肌は治らない!

綺麗なお肌を保つためには、水分と油分(皮脂)のバランスを保つことが必要です。

まずは、オイルを使う前に、自分の肌質を知ることが大切。

肌質については、化粧品売り場などで、水分量と油分量(皮脂)のお肌チェックをしてくれますので、調べてもらうと良いと思います。

 

・乾燥肌:水分少なめ、油分少なめ

・普通肌:水分多め、油分少なめ

・脂性肌:水分多め、油分多め

・混合肌:水分少なめ、油分多め

 

水分と油分のバランスが崩れてしまうと、乾燥肌になってしまいます。

水分だけではなく、油分が不足しても乾燥肌になってしまいます。

適度な油分は、水分の蒸発を防いで、外部からの刺激を跳ね返してくれる力があり、お肌を守ってくれます。

オイルをたくさんつけると、乾燥しないイメージがありますが、オイル自体には、残念ながら保湿効果はありません。

乾燥しているお肌に、オイルだけのスキンケアは危険と言えます。

オイルをつけると、肌表面だけはしっとりするので潤っているように感じてしまいがちですが、実際は肌の内部は乾燥したままの状態になっています。

乾燥したままのお肌にふたをしてしまう状態です。

乾燥している事実に気づきにくくなり、水分不足を悪化させてしまうことにもなります。

肌の水分を守るためにオイルを使う順番を間違えないで!

肌の水分を守るためにオイルを使う順番を間違えないで!

いろんな美容効果があると言われている魅力的なオイルですが、油分が多い人がオイルを使うのはオススメできません。

油分が過剰になることによって、毛穴のつまり、ニキビ、しわ、たるみの原因になります。

もともとのお肌の油分のバランスを崩してしまうこともあります。

油分(皮脂)不足の人の場合は、オイルが効果的です。

だからと言って、オイルだけではなく、しっかり保湿ケアしたうえで、適度にオイルで補うことが良いでしょう。

ただ、どうしてもオイルを使うと、水分をはじいてしまい、そのあと保湿できなくなってしまうため、オイルを使う場合は、いつ、どのタイミングで使うかがポイントです。

洗顔後すぐにオイルを使うのはオススメできません。

水分をはじいてしまうので、その後一切保湿ができなくなってしまいます。

また、オイルを使った後にメイクすると、うまくメイクができなかったりするので、こちらもオススメできませんが、もう寝るだけの夜のスキンケアなら、十分保湿したあと、1番最後に、油分が多くなりすぎないように、適量を使うといいでしょう。

オイルは、伸びが良いので1滴〜2滴で十分使うことができます。

まとめ

まとめ

 

まずは自分の肌質をよく知って、お肌の大敵→乾燥をしないために十分な保湿のうえで、足りない油分を補うために使用するといいですね。

また、オイルを使う場合は、不純物が含まれていない、純度の高いオイルを選ぶことが大切なようです。

オイルは、品質が命!(笑)

また、美容オイルは、種類によって効果もそれぞれ違います。

自分と相性の良いオイルを使って、綺麗になりましょう。

それに、顔の肌と同じく手の甲にもオイルとハンドクリームをダブルで塗ると乾燥肌を潤す事が出来ます。

最近では『老け手』と呼ばれる症状

※ 手の甲の血管が浮き出ていてゴツゴツした印象 = 老け手 と言われいるそうです。

そんな老け手専用のハンドクリームが最近流行っているみたいなので、こういった商品とオイルを重ねづけすると、とても効果があると思います。

こちらの体験記事にも、オイルを使った内容が書かれています。

参考にしてみてはいかがでしょうか!(^^)

『効果は本当?』ハンドピュレナを40代老け手女が2ヶ月体験!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です